【売家:快適住まい】いなか暮らし糸魚川 早川地区優良物件

昨年より販売している優良物件です。 早川郷への入り口にあるこの物件は、元オーナー様がとても管理や改修がよく、その為、隅々まで手の掛かったお得で便利な物件です。 見学に訪れる方も増えております。 契約は時間の問題と思われますが、縁あって糸魚川のフレーズもあるので更なるPRをさせていただきます。

 

【改正宅地建物取引業法に対応】既存住宅状況調査技術者証明取得 調査技術者(インスペクション)に就いて

既存住宅の流通市場を活性化し安全な取引環境の整備を図るため、建物状況調査(インスペクション:検査)の活用等を内容とする宅地建物取引業法の一部改正法律が公布されました。 更に、施行期日を平成30年4月1日とした。

宅地建物取引業者に対し、以下の事項の義務付け遵守させる

・媒介契約において建物状況調査を実施する者のあっせんに関する事項・・・・既存住宅状況調査技術者取得

・買主等に対して建物状況調査の結果の概要等を重要事項として説明

・売買等の契約成立時に建物の状況について当事者の双方が確認した事項を記載した書面の交付

既存住宅流通市場の活性化を推進するため、既存住宅の品質に関する正確な情報を消費者(売買当事者)等に提供するための仕組みとして、国土交通省により制度化されたもの。調査方法に就いては、国土交通大臣告示で定められており、既存住宅状況調査に関する講習を修了した【既存住宅状況調査技術者】調査方法基準に定める水準及び方法に則って公正(客観的に)に調査を実施する必要がある。

当社平建設としてこの【既存住宅状況調査技術者】を取得して対応準備しております。

【古物販売活動開始!】もったいない、Mottainaiビジネススタートしました

予てより平建設は建設業はもちろん空き家解体業も手掛ける中、古民家や空き家・仕入物件等に保管されているが陽の目を見ないまま破棄される物(中にはまだ使えるもの、他の人の癒しになるもの)が無造作に解体・破棄・埋め立て・焼却と悲しい道を辿るケースが我が展開の事業の中でも発生しておりました。  ある人に、『こんな良い物件をただ壊して破棄するなんて、勿体ないとは思わんのか?**?』と注意されることが頻繁に聞こえてくるようになり心が痛む日々を過ごしておりました。 何かいい方法はないものか?、次の世代に価値があり歴史の証人を伝えることも必要と、常々考えておりました。

 

今回、不動産物件売買の本格取組を契機に平建設独自のホームページを開設し運用開始いたしました。 思惑通りに物件の効率的販売の目途が出来上がりました。

 

 

社長の思いからの提案もあり新たな取り組みとしてそのタイミングに合わせ、古物商取引の承認申請を行い準備してまいりました。 この度、ようやく念願の認可をいただきました。 そこでホームページ内に古物品の販売サイトを追加設定いたしました。 皆様に役に立つアイテムや骨董品、まだまだ使えるものを積極的に皆さんに掲示してまいります。お気に入りのものを購入してお使いいただければ幸いと思います。

 

 

【4士業合同開催!】まるごと、もめごと調停相談会が開催されます

【4士業】司法書士会・土地家屋調査士会・社会保険労務士会・行政書士会の調停の専門家が共同で皆様の『困った!!』が無料で相談できるチャンスが到来。

◆相談枠に限りがありますのでお問い合わせや予約は早めに、相談できる内容は添付画面参照。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社新規事業の不動産担当営業が揃って『糸魚川市移住アドバイザー』に登録し活動開始!^^!

ようこそ糸魚川へ、新鮮で旨い魚にカニ、何処にも負けない美味しいお米や山菜の地で暮らしませんか。

我が社には営業マン2名が在籍していますが、二人とも面白い住民です。私は長いサラーリーマン生活を終え故郷回帰のUターン族!!故郷に3人の人口を増やしました。

もう一方の若手営業マンの糸魚川の女性に見込まれたのか??のみ込まれたのか座高ではないが、奥さんと共に糸魚川に移住したIターン族!!この地で人口を4人増やしました。

と言うことで、Uターンの私とIターンの〇澤さんとで地域活性化と移住促進の足場固めの担い手となるべく参加しております。・・・皆さんとの連携で移住者のサポートを積極的に行いましょう!!

私は勿論人間ですが、なでているこの動物はは猫ではありません『虎虎虎』です。

雑学です・・・虎は猫科と思いきや?^^?、犬科に属していたことをご存知でしたか?。

平建設 不動産部門に『古民家鑑定士1級』取得者が2名になりました。空き家ビジネス拡大につなげたいです。

不動産空き家対応に本格的に参入して一年足らずですが、ようやく物件の動きが感じられるようになり、販売や賃貸物件が実績として実感できるようになってきました。 社長としてはまだまだ、この事業は産声状態でありこれから先が勝負となり叱咤激励の毎日となっております。

古民家の空家を有効活用して移住促進を図るとともに、新たなビジネスチャンスを捉え一歩先行くテコ入れをしております。その活動の大きな武器となる古民家鑑定士に着目し、業界の中で有資格者をそろえております。

詳細については下記のURLをご確認願います。

古民家鑑定士とは、URL http://www.kominkapro.org/kominkakantei

「もったいない」Mottainaiビジネスの展開・古民家家財の有効活用【古物商許可証NO:461320000698号】

建設業がメインの当社は長年にわたり建設、解体に携わってきました。昨今、糸魚川地域においては人口の減少により、空き家の急増と取り壊し作業の依頼が増えてきております。 解体作業実施中に近隣住民方々より伝統のあるしっかりした構造の古民家を無暗に解体処分するのはもったいない!!motutainaiとのご意見を良く耳にします。

そこで 当社としては宅建業務展開の一環として空き家対策に本気で取り組みます。

そして、 もったいない!!motutainaiの声に応えるべく【古物商免許を取得】家具や調度品などを次の世代へ引き継ぐ役割も業務のうちと考え、積極的な活動の展開を決めました。

今後、当ホームページ等でも各々の個別家具等 価格表示を致し販売致しますのでご興味のある方はドシドシ、メールにてお問い合わせください。

逆にお客様から 「これ位の価格で、こんなのありませんか? 」のメールお問い合わせでも 喜んで対応致します。 おまちしておりま~す。

スタッフ一同より

糸魚川市へiターンしてきた我が社営業マンがインタビューされました。

あらかじめお断りしておきます。

FM上越 のバックナンバーより拝借させていただきました。

『FM-Jのスタジオから市外にお住まいの方に電話をして、直接移住をお誘いするコーナーです。今回は先行移住者の方にお繋ぎしました。』

正式なリンク先は下記です。

アクセスりてみてください。

URL:http://www.fmj761.com/ai_turn/archives/192
コピーしてアドレスバーに貼り付けてください。

以下原文です。

東京から糸魚川市に移住して来られた、元プロレスラーの松澤慎治さん。
現在は平建設に勤務し、一級古民家鑑定士として活躍中です。

お風邪を召されて、ちょっと鼻声だった松澤さん、体調が悪いながらも、元プロレスラーとしての本音も語ってくださいました(^_^;)

これから移住して来られる方には、
「まずお越し下さい!平建設のホームページからメッセージを下されば、公私混同して色々お世話します!」と、男らしく仰って下さいました!
スタジオみんなで爆笑(笑)
とても良い人柄がにじみ出ている、良いインタビューとなりました!

アクセスしてみてね、インタビュー以後もお仕事頑張っていますよー。

がんばろう糸魚川、宅建業者応援団!!青森宅建業者様が糸魚川市へ激励に訪れました。

3月1日(水)に、青森県宅地建物取引業協会 三沢支部会員様が糸魚川市へ来訪されました。その昔(昭和41年)、青森県三沢地域においても450棟を超す大火があり、とても他人事では無いとお見舞いを頂きました。今後の復興が完了した折には糸魚川市へまた訪れたい、がんばってください と温かい言葉を残し公益社団法人 青森県宅地建物取引業協会 三沢支部 副支部長様ご一行は帰途につきました。本当にありがとうございました。感謝です。

DSC_0776

今回、公益社団法人 新潟県宅地建物取引業協会 糸魚川地域会長、メンバーで応対。 更に糸魚川市役所を訪問、市長不在ではありましたが副市長様の応対にて大火の詳細説明と明日の未来に向けた復興と街創くりについての説明がありました。お見舞いの言葉と共に義援金をいただきました。ありがとうございました。

DSC_0772

現地の視察も交えとても意義のある時間となりました。

DSC_0774

優良中古住宅認定制度(納得住宅・安心住宅・適格住宅)1981年導入新耐震基準合格のこと

優良中古住宅を認定する制度とは、中古住宅の住宅診断・保険加入を前提で判断したうえで認定マークの使用を認めることで(安心・納得・適合)販売できるものいいます

【中古住宅の悪いイメージ払拭】

①品質に不安 (・新耐震基準に適合・住宅診断を実施構造上の不適合無き事・保険に加入)

②汚い    (水回りや内装の写真を開示)

③分からない (商談時に過去の検査情報やリフォーム履歴を開示)

日本の中古住宅シェアはわずか15%程度で米国や英国フランスと比較すると逆転現象であるため今後中古住宅市場は現存でも4兆円あるが2025年までに8兆円規模へ拡大させる!。

・・・この認定制度の導入や改正宅建業法の施行を中古市場の活性化に繋がるか楽しみです。

中古住宅の改築による劣化診断・保険加入で質の向上を図ります。